プロモーションを含む場合があります

新型レクサスNXマイナーチェンジ情報:2024年春に登場か?

トヨタ


2024年の春に予定されている、レクサスのフラッグシップSUV、NXシリーズの最新マイナーチェンジに関する情報が、自動車業界や愛好家たちの間で注目を集めています。

このマイナーチェンジは、デザインの洗練から性能の向上、インテリアの質感改善に至るまで、多岐にわたる進化が期待されています。

さらに、新色の追加や最新のインフォテインメントシステムの搭載など、新型レクサスNXの2024年モデルには、ドライバーを魅了する様々な新機能が盛り込まれると予測されています。

この記事では、これらの変更点やモデルの特徴、さらには価格予想に至るまで、新型レクサスNXの魅力を紐解いていきます。

記事のポイント
  • 2024年春に予定されているレクサスNXのマイナーチェンジの概要
  • マイナーチェンジによる外観デザインやインテリアの質感の向上
  • 新型レクサスNXに搭載される予定の最新テクノロジーと安全機能
  • 新型レクサスNXのエンジン性能とハイブリッドモデルの特徴




新型レクサスNXのマイナーチェンジ2024:最新情報

LEXUS NX

新型レクサスNXのマイナーチェンジは2024年春に予定されており、多くの自動車愛好家たちがその登場を心待ちにしています。

これまでのモデルと比べて、どのような進化が期待されているのか、詳しく見ていきましょう。

今回のモデルチェンジの変更点は?

2024年のレクサスNXのマイナーチェンジでは、外観デザインの微調整、エンジン性能の向上、インテリアの質感向上などが見込まれています。

特に、新色の追加や最新のインフォテインメントシステムの搭載が注目されています。

その一方で、先行する2023年12月に一部改良が行われたUXシリーズでは、パワートレインの変更やモデルナンバーの更新といった大幅な改良が実施されました。

これに比べ、2024年のNXシリーズのマイナーチェンジは、比較的控えめな内容となる可能性が高いと予想されます。

マイナーチェンジのポイント
  • 「12.3インチフル液晶メーター」の設定。
  • 「次世代Lexus Safety System+ 」の全車標準搭載。

発売日は2024年春頃か?

2024年モデルのレクサスNXの発売は、多くの業界関係者や消費者が2024年の春頃と予測しています。

この時期の発売は、レクサスブランドにとって新しい販売戦略の一環となる可能性が高く、新モデルの発売に向けた市場の期待は非常に高まっています。

この発売時期は、レクサスの伝統的なモデル更新サイクルに沿ったもので、新型NXの魅力を最大限に引き出すタイミングとなるでしょう。

価格予想

新型レクサスNXの2024年モデルの価格については、技術革新やデザインのアップデートを踏まえると、現行モデルよりもわずかながら価格上昇が予想されます。

具体的な数字としては、エントリーモデルのNX250が約455万円から、ハイエンドモデルのNX450h+“F SPORT”が約753万円程度に設定される可能性が高いです。

この価格帯は、新型NXの提供する高い品質と性能を考えると、競合他車と比較しても非常に魅力的な価格設定と言えるでしょう。

エクステリア:デザインの革新

新型レクサスNXの2024年モデルは、エクステリアにおいて顕著な革新を遂げています。

特に、フロントグリルとヘッドライトのデザインは一新され、さらに洗練された外観を提供しています。

フロントグリルは、よりスリムで現代的なデザインに変更され、車の顔つきを一層引き締めています。

ヘッドライトは、LED技術を活用した新形状で、昼夜を問わず鮮明な視界を提供し、安全性を高めています。

また、新型モデルでは、ハイマウントストップランプも面発光タイプへと進化し、夜間の視認性を向上させています。

インテリア:洗練された快適性

インテリアにおいても、新型レクサスNXは大きな進化を遂げています。

特に注目されるのは、最上質な素材を用いた内装と、最新のインフォテインメントシステムの採用です。

シートは高級感あふれる素材で覆われ、長時間のドライブでも快適性を損なわない設計になっています。

ダッシュボードには、10インチの大型ディスプレイが設置され、ナビゲーションやオーディオシステムなどの操作が直感的に行えます。

さらに、安全性と利便性を向上させるための最新技術が組み込まれており、録画機能付きデジタルインナーミラーにより、後方の視界が一層クリアになり、夜間や悪天候時でも安心して運転できるようになっています。

ボディサイズの変更点

2024年モデルのレクサスNXでは、ボディサイズにも変更が加えられています。

全長は約4,660mmとなり、前モデルに比べて約20mmの延長が見られます。全幅に関しては1,865mmで、これも前モデルから20mmの拡大が行われています。

より安定した走行性能と快適な室内空間が実現されています。全高は1,640mmとなり、前モデルと比べて5mm低くなっています。

空力性能の向上が図られ、燃費効率の改善にも寄与しています。

ホイールベースは2,690mmで、前モデルから30mmの延長が行われており、より安定した走行感と室内の広さが向上しています。

初代NX2代目NX新型NX
全長4,640mm4,660mm4,660mm
全幅1,845mm1,865mm1,865mm
全高1,645mm1,640mm1,640mm
ホイールベース2,660mm2,690mm2,690mm

新型レクサスNXのマイナーチェンジ2024:今回の進化ポイント

LEXUS NX

新型レクサスNXのマイナーチェンジでは、どのような進化が期待されているのでしょうか?

注目の進化ポイントを見ていきましょう。

パワートレイン

新型NXでは、エンジンのパワートレインにも変更が加えられると予想されています。

これにより、より高い出力と効率性が期待されます。

NX250NX350
エンジン直列4気筒 2.5L
直噴エンジン
2.4L直噴ターボエンジン
最高出力148kW(201PS)/
6,600rpm
205kW(279PS)/
6,000rpm
最大トルク241Nm(24.5kgmf)/
4,400rpm
430Nm(43.8kgmf)/
1,700-3,600rpm
トランスミッションDirect Shift-8ATDirect Shift-8AT
駆動方式2WD (FF) /4WD4WD
WLTCモード燃費13.9km/L~14.4km/L12.2km/L

ハイブリッド仕様の特徴

新型NXのハイブリッドモデルでは、燃費効率の向上が見込まれています。

これは、エンジンの効率改善や軽量化技術の進化によるもので、エコフレンドリーな運転体験を提供することが予想されます。

NX350h
(ハイブリッド)
NX450h+
(プラグインハイブリッド)
エンジン直列4気筒 2.5L
直噴エンジン+モーター
直列4気筒 2.5L
直噴エンジンD-4S+モーター
最高出力140kW(190PS)/
6,000rpm
135kW(185PS)/
6,000rpm
最大トルク243Nm(24.8kgmf)/
4,300-4,500rpm
228Nm(23.2kgmf)/
3,600-3,700rpm
フロントモーター
最高出力
88kw(120ps)134kW(182ps)
フロントモーター
最大トルク
202Nm(20.6kgm)270Nm
リアモーター
最高出力
40kW(54ps)40kW(54ps)
リアモーター
最大トルク
121Nm(12.3kgfm)121Nm(12.3kgfm)
システム最大出力179kW(243ps)225kW(306ps)
駆動方式2WD/4WD(E-Four)4WD(E-Four)
WLTCモード燃費19.9km/L~22.2km/L19.8km/L

プラットフォームの進化

2024年モデルのレクサスNXは、TNGA(Toyota New Global Architecture)「GA-Kプラットフォーム」を新たに採用しています。

この最先端のプラットフォームにより、旧型モデルと比較して車体の低重心化とボディ剛性の向上が実現されました。

車内空間はより広く快適なものになり、同時に走行安定性も大幅に向上しています。

特に、空力性能の向上は燃費効率にも寄与し、環境への影響を軽減しながらも、走行性能を高めることに成功しています。

安全性能:最新テクノロジーの統合

新型レクサスNXでは、最新の安全技術が統合されています。

第2世代の「次世代Lexus Safety System+」を全車に標準搭載し、衝突回避支援型のプリクラッシュセーフティシステム、レーンディパーチャーアラート(LDA)、アダプティブハイビームシステム(AHS)など、高度な安全機能を包括的に提供しています。

また、昼夜問わず自転車や歩行者を検知する能力の向上や、レーダークルーズコントロールとレーントレーシングアシスト(LTA)の組み合わせにより、車線維持をサポートするなど、安全運転を強力にバックアップします。

さらに、ユーザーはOTA(Over-The-Air)アップデートを通じて、最新の安全機能を車両に追加することができ、これにより、長期間にわたって車両の安全性を最先端の状態に保つことが可能です。

まとめ:新型レクサスNXのマイナーチェンジ2024

新型レクサスNXのマイナーチェンジは、2024年春の発売が待ち遠しいものです。

新型レクサスNXのマイナーチェンジに対する期待は非常に高く、特にデザインの洗練、安全性能の向上、燃費効率の改善が特に注目されています。

この新型車は、既存のNXファンだけでなく、新たなユーザー層をも引き付けることでしょう。

今回のまとめ
  • 2024年春に予定されているレクサスNXのマイナーチェンジ
  • 外観デザインの微調整やエンジン性能の向上が見込まれる
  • インテリアの質感向上や新色の追加
  • 最新のインフォテインメントシステムの搭載が注目されている
  • 12.3インチフル液晶メーターの設定と次世代Lexus Safety System+ の全車標準搭載
  • 価格はエントリーモデルのNX250が約455万円、NX450h+“F SPORT”が約753万円程度に設定される可能性
  • エクステリアはフロントグリルとヘッドライトのデザインが一新
  • インテリアでは高級感あふれる素材と大型ディスプレイの採用
  • ボディサイズは全長4,660mm、全幅1,865mm、全高1,640mm
  • パワートレインには直列4気筒2.5Lエンジンや2.4L直噴ターボエンジン
  • TNGA「GA-Kプラットフォーム」の採用で低重心化とボディ剛性の向上
  • 安全技術の統合により高度な安全機能が包括的に提供される

※この記事は、消費者庁国民生活センター国土交通省等の情報も参考にして作成しています。

タイトルとURLをコピーしました