プロモーションを含む場合があります

トヨタ新型アルファード・ヴェルファイアのPHEVモデルは2024年夏ごろ登場か?

アルファード

トヨタからの大きなニュースが舞い込んできました。

2024年の夏に、新しい世代の高級車が登場する予定です。

そう、話題の新型アルファード・ヴェルファイアシリーズに、PHEV(プラグインハイブリッド)モデルが追加されるというのです。

この新型モデルは、従来の豪華さはそのままに、さらに環境への配慮も加わった、次世代の高級車としての地位を確立することでしょう。

今回は、そんな新型アルファードPHEVに関する最新情報を、皆さんにいち早くお届けします。

記事のポイント
  • 2024年夏に新型アルファードPHEVの発売が予定されている
  • 長距離のバッテリー走行が可能で環境に優しい
  • エクステリアとインテリアが豪華で快適に一新
  • 「GA-K」プラットフォーム採用で走行性能が向上




新型アルファードとヴェルファイアのPHEVモデル:最新情報まとめ

トヨタ:アルファード

トヨタの新型アルファードとヴェルファイアのPHEVモデルに関する最新情報を、ここで詳しくまとめてみましょう。

PHEVモデルは、環境意識の高い時代にぴったりの選択肢として、注目を集めています。

新型のアルファード、ヴェルファイアのPHEVモデルについて

新型アルファードとヴェルファイアのPHEV(プラグインハイブリッド)モデルは、トヨタの最新技術を駆使した、先進的かつ環境に優しい車種として開発されています。

これらのモデルは、従来のガソリンやハイブリッドモデルとは異なり、バッテリーのみでの長距離走行が可能な点が最大の特徴です。

特に、都市部での短距離走行では、ゼロエミッションを実現し、燃料消費を削減することができます。

このPHEVモデルは、従来のアルファードやヴェルファイアの豪華さや快適性をそのままに、より環境に配慮した走行を可能にします。

エンジンとモーターの組み合わせによる高い燃費効率、静かで滑らかな加速感、そして排出ガスの削減などが期待されています。

PHEVモデルの投入時期予想

トヨタは新型アルファードとヴェルファイアのPHEVモデルを、2024年夏ごろに発売する見込みです。

これは、同社が以前に発売したRAV4 PHEVの導入時期と比較しても早いペースでの投入と言えます。

この迅速な市場導入の背景には、トヨタの環境への取り組みと、PHEVに対する市場の高まる期待があります。

新型アルファードとヴェルファイアのPHEVモデルは、最新のテクノロジーと環境性能を兼ね備えた、次世代の高級車としての地位を築くことでしょう。

モデルやグレードごとの価格

新型PHEVモデルの価格については、現在のモデルに比べ若干高めに設定される可能性があります。

以下は現在販売されているモデルの価格です。

アルファードの価格一覧

グレード価格
G(ガソリン・2WD)472万円
G(ガソリン・4WD)490万円
Z(ガソリン・2WD)540万円
Z(ガソリン・4WD)559.8万円
G(ハイブリッド・2WD)544.8万円
G(ハイブリッド・4WD)564.8万円
Z((ハイブリッド・2WD)620万円
Z((ハイブリッド・4WD)642万円
Executive Lounge
(ハイブリッド・2WD)
850万円
Executive Lounge
(ハイブリッド・4WD)
872万円

ヴェルファイアの価格一覧

グレード価格
Z Premium(ターボ・2WD)655万円
Z Premium(ターボ・4WD)674.8万円
Z Premium
(ハイブリッド・2WD)
690万円
Z Premium
(ハイブリッド・4WD)
712万円
Executive Lounge
(ハイブリッド・2WD)
870万円
Executive Lounge
(ハイブリッド・4WD)
892万円

エクステリアの特徴と魅力

新型アルファードとヴェルファイアのエクステリアは、旧型のコンセプトを継承しつつも、前衛的なデザイン変更が施されています。

特に前後のバンパーデザインが一新され、より洗練された印象を与えます。注目すべきは「流れるウインカー(シーケンシャルターンランプ)」の採用です。

このモダンなウインカーは、動きがあって目を引くため、安全性の向上にも寄与します。

全体的に、新型モデルは上品さと力強さを兼ね備えたエクステリアで、見る者を魅了します。

インテリアの新しいアプローチ

インテリアにおいては、最新の技術と洗練されたデザインが融合しています。

前席には、新型プリウスやクラウンと共通の最新デザインのステアリングホイールとシフトノブが採用され、運転の快適さを大幅に向上させています。

特に注目すべきは、メーターに12.3インチの大型フル液晶デジタルメーターと14インチのディスプレイオーディオを採用しており、高度な情報表示が可能です。

さらに、JBLプレミアムサウンドシステム(15スピーカー)による上質な音響体験が楽しめます。

後席には13.2インチのディスプレイ(オプション)が設置され、エンターテインメントシステムが充実。

また、最上級グレード「Executive Lounge」では、リクライニング機能やリラクゼーション機能、ヒートシーター付きのオットマンとアームレストが豪華仕様として提供されます。

インテリアは、快適性と高級感が融合した設計で、長時間のドライブも楽しいものに変えてくれるでしょう。

ボディサイズとその影響

新型モデルのボディサイズは、全長4,995mm、全幅1,850mm、全高1,935mm、ホイールベース3,000mmと、一般的な機械式駐車場の制限サイズ内に収まるサイズを維持しています。

このサイズ設計により、都市部での取り回しやすさと、広々とした室内空間を両立させています。

また、3列目のシートは跳ね上げ式であり、2段階機構により2列目の移動幅も増加しており、より柔軟なシートアレンジが可能です。

これにより、さまざまなシーンでの利用が考慮され、家族やグループでの利用においても快適性が確保されています。

アルファード・ヴェルファイアのボディサイズ
  • 全長 4,995mm
  • 全幅 1,850mm
  • 全高 1,935mm
  • ホイールベース 3,000mm
  • 最低地上高 150mm
  • 最小回転半径 5.9m

新型アルファードとヴェルファイアのPHEVモデルに関する期待と詳細

トヨタ:アルファード

次に、新型アルファードとヴェルファイアのPHEVモデルに対する期待と、その詳細について深堀りしていきましょう。

パワートレインの革新

新型モデルでは、パワートレインの面で大きな革新が期待されています。

PHEVシステムの導入により、従来のエンジンとは異なる、より効率的で環境に優しい走行が実現するでしょう。

この変更は、燃費の改善だけでなく、走行性能の向上にも寄与するはずです。

NAエンジンターボエンジンハイブリッドプラグインハイブリッド
エンジン
最高出力
134kW(182ps)205kW(279ps)140kW(190ps)130kW(177ps)
エンジン
最大トルク
235Nm(24.0kgm)430Nm(43.8kgm)236Nm(24.1kgm)219Nm(22.3kgfm)
フロントモーター
最大出力
134kw(182ps)134kW(182ps)
フロントモーター
最大トルク
270Nm(27.5kgm)270Nm(27.5kgfm)
リアモーター
最大出力
40Nm(54kgm)40kW(54ps)
リアモーター
最大トルク
121Nm(12.3kgm)121Nm(12.3kgfm)
システム出力184w(250ps)E-Four:225kW(306ps)
バッテリーニッケル水素電池 5Ahリチウムイオン
バッテリー
18.1kWh
EV航続距離約90km/L

プラットフォームの重要性

新型アルファードとヴェルファイアが採用する「GA-K」プラットフォームは、トヨタの技術革新を象徴する存在です。

このプラットフォームは、より低重心で剛性の高い設計を実現しており、走行安定性を大きく向上させています。

加えて、車体の重量配分の最適化により、カーブでの安定性や直進安定性が向上。これにより、ドライバーにはよりダイナミックで快適なドライビング体験が提供されます。

また、衝撃吸収性能が高められたことで、乗り心地の良さにも貢献しており、長時間のドライブでも疲れにくいのが特徴です。

燃費性能の評価

PHEVモデルの最大の特徴はその燃費性能にあります。

新型モデルは、従来のハイブリッドモデルに比べてさらに燃費が向上することが予想されており、長距離ドライブでも経済的です。

NAエンジンターボエンジンハイブリッドプラグインハイブリッド
WLTCモード燃費10.6km/L10.3km/L17.5km/L17.7km/L

安全性能の最新情報

新型アルファードとヴェルファイアの安全性能では、トヨタの最新バージョン、Toyota Safety Sense(TSS3)の搭載がされています。

このシステムは、前方衝突警告や自動ブレーキシステム、車線維持支援システム、歩行者検知機能など、様々な最先端技術を備えています。

特に注目すべきは、自動ブレーキの反応速度や精度の向上。

これにより、街中の低速走行から高速道路での走行に至るまで、幅広いシチュエーションにおいてドライバーと乗員の安全を守ることが可能です。

新型のアルファード、ヴェルファイアのPHEVモデルへの期待

新型アルファードとヴェルファイアのPHEVモデルに対する期待は高く、特にその燃費性能が注目されています。

推定されるEVモードでの航続距離は約90kmとされ、これにより都市部での短距離走行はもちろん、長距離ドライブでも燃料コストの削減が期待されます。

また、300psを超えるパワフルな走行性能と快適な乗り心地が組み合わされることで、家族やグループでの旅行がより楽しいものになることでしょう。

さらに、PHEVモデル独自の静粛性や滑らかな加速感は、長時間のドライブでも疲れを感じさせない快適さを提供します。

これらの特徴により、新型PHEVモデルは、日常使いからレジャーまで幅広い用途での活躍が期待されています。

まとめ:新型のアルファード、ヴェルファイアのPHEVモデル

新型アルファードとヴェルファイアのPHEVモデルについては、環境に優しいだけでなく、快適性や安全性においても非常に期待が高まっています。

これらのモデルが市場に登場することで、自動車業界に新たな風を吹き込むこと間違いなしです。

今回のまとめ
  • 新型アルファードとヴェルファイアのPHEVモデルは、トヨタの最新技術を駆使した環境に優しい車種
  • バッテリーのみでの長距離走行が可能で、都市部でのゼロエミッションを実現
  • 2024年夏に発売予定で、RAV4 PHEVの導入時期よりも早いペース
  • 新型PHEVモデルの価格は現在のモデルより若干高めに設定される可能性あり
  • エクステリアは洗練されたデザインで「流れるウインカー(シーケンシャルターンランプ)」を採用
  • インテリアには新型プリウスやクラウンと共通のデザイン要素を採用
  • ボディサイズは一般的な機械式駐車場の制限サイズに収まる
  • パワートレインは環境に優しい走行と高い燃費効率を実現
  • 「GA-K」プラットフォーム採用により走行安定性と快適な乗り心地を提供
  • Toyota Safety Sense(TSS3)を搭載し、最先端の安全技術を備える
  • EVモードでの航続距離は約90kmと予想され、燃料コスト削減に寄与
  • 高級車としての豪華さと快適性を保ちつつ、環境性能を向上

※この記事は、消費者庁国民生活センター国土交通省等の情報も参考にして作成しています。

タイトルとURLをコピーしました