プロモーションを含む場合があります

新型CX-3がフルモデルチェンジして2024年発売:注目のロータリーEVモデルも

マツダ

2024年に予定されている、マツダのコンパクトSUV、新型 CX-3のフルモデルチェンジが業界内外で大きな話題を集めています。

この待望のモデルは、革新的な「魂動デザイン」と最先端技術の融合によって、SUV市場に新たな基準を打ち立てることが期待されています。

特に注目されているのは、マツダ独自に開発されたロータリーエンジンを採用した発電機「e-SKYACTIV R-EV」モデルで、これにより約640kmという驚異的なWLTP航続距離の実現が可能になりました。

新型 CX-3 2024は、その洗練されたデザインだけでなく、パフォーマンスと燃費効率の向上にも注目が集まっています。

本記事では、新型 CX-3がどのようにして今後のSUV市場に影響を与えるか、その全貌を深掘りしていきます。

記事のポイント
  • 新型 CX-3 2024のデザインと技術の特徴
  • 「e-SKYACTIV R-EV」モデルによるロータリーエンジンの採用と航続距離
  • マイルドハイブリッドシステムを含むパワートレインの詳細
  • 新型モデルの市場での競合状況と価格設定の予想




新型CX-3がフルモデルチェンジして登場:2024年 最新情報

MAZDA:CX-3

新型CX-3の概要と特徴

新型CX-3は、マツダの革新的な「魂動デザイン」と先進技術を融合させた、待望のコンパクトSUVです。

最新の「SKYACTIV-Vehicle Architecture」をベースに構築され、さらにパフォーマンスと燃費効率を高めるために、2.0Lの「SKYACTIV-G 2.0」直噴ガソリンエンジンに、マイルドハイブリッドシステム「M HYBRID」が組み込まれています。

この組み合わせにより、最高出力115kW(156PS)、最大トルク199Nmを発生し、同時に燃料消費を抑えることが可能になっています。

さらに注目すべきは、新型CX-3に搭載される「e-SKYACTIV R-EV」モデルです。

これは、マツダが独自に開発したロータリーエンジンを用いた発電機を採用し、17.8kWhのリチウムイオンバッテリーと50Lの燃料タンクを組み合わせることで、WLTP航続距離を約640kmにまで延長することが可能です。

新型CX-3は、その革新的な技術と洗練されたデザインで、今後のSUV市場に新たな基準を打ち立てることでしょう。

CX-3の特徴のポイント
  • 最新の「SKYACTIV-Vehicle Architecture」がベース
  • 「e-SKYACTIV R-EV」モデルではロータリーエンジンが発電機に
  • マツダの革新的な「魂動デザイン」

新型CX-3の発売日予想

新型CX-3の発売は2024年12月に発売されると予想されています。

新型車の発表は常に期待と興奮をもたらしますが、特にこのCX-3の場合は、その革新的なパワートレイン技術と先進的なデザインが、多くの自動車ファンだけでなく、日常の移動手段として新しいSUVを求める人々の間でも高い注目を集めています。

発売に先立ち、価格帯や具体的な仕様の詳細についても徐々に公開されることが予想され、これからの情報公開が一層楽しみです。

新型CX-3の価格予想

新型CX-3の価格設定については、基本モデルであるガソリンエンジンモデルが約210万円からスタートすると予想されており、これは現行モデルから見て約20万円程度の上昇を意味します。

この価格上昇は、新たに導入される技術や装備の充実、さらには質感の向上が反映されたものと考えられます。

先進の安全装備やコネクティビティ機能の標準化、さらにエンジンやプラットフォームの改良による走行性能の向上などが、価格設定に影響を与えていると推測されます。

購入者は、これらの改良点を評価し、価格上昇分以上の価値があるかどうかを判断することになるでしょう。

競合車種との比較:新型CX-3の立ち位置

新型CX-3は、そのコンパクトながらもスポーティなボディと、優れた燃費性能を兼ね備えていることで注目されています。

同セグメントの競合車種として挙げられるホンダのヴェゼルやトヨタのヤリスクロスに比べても、新型CX-3は独自のデザイン言語「魂動」によるダイナミックな外観と、SKYACTIV技術により高められた走行性能で差別化を図っています。

また、WLTCモードでの燃費性能は、前モデルからの改良により一層の向上が見込まれ、競合車種と比較しても非常に魅力的な数字を記録することが期待されます。

安全技術に関しても、最新のi-ACTIVSENSEを標準装備し、歩行者検知機能や自動ブレーキシステムなど、先進の安全装備を豊富に備えることで、利用者の安心・安全を確保しています。

これらの特性は、新型CX-3がコンパクトSUV市場において、より強固なポジションを築くための重要な要素となるでしょう。

新型CX-3がフルモデルチェンジして登場:2024年 詳細なスペック

MAZDA:CX-3

エクステリア:スポーティなデザイン

新型CX-3のエクステリアデザインは、「魂動 -Soul of Motion」を体現し、流れるようなラインと力強いスタンスが特徴です。

このデザイン哲学は、動き出す前からエネルギーと速さを感じさせる、独特の生命感を持たせることに成功しています。

特に、全長4275mm、全幅1765mm、全高1550mmのボディサイズは、都市部での機敏な取り回しやすさと、高速道路での安定感のバランスを見事に両立させています。

新型CX-3は、光沢のクラッディング塗装やブラックキャビンを特別仕様車「Vivid Monotone」で採用し、エアログレーメタリックをテーマカラーとして新たに導入。

これにより、SUVでありながらスポーティなクーペスタイルを表現しています。

フロントグリルにはブラッククロームを採用し、グロスブラックのグリルと相まって、引き締まった印象を与えます。

インテリア:上質な空間への進化

新型CX-3のインテリアは、高品質な素材選びと洗練されたデザインが特徴です。

ドライバーを中心とした左右対称のレイアウトは、操作性と視認性を高め、運転に集中できる環境を提供します。

最新の「NEW MAZDA CONNECT」システムは、8.8インチの大型TFTディスプレイを採用し、Android AutoとApple CarPlayに完全対応。

これにより、スマートフォンの内容をシームレスに車載システムと連携させることができます。

インテリアデザインのもう一つのポイントは、シンプルでありながら機能的な美しさです。ダッシュボードやドアトリムには、触れたときの心地よさを追求したソフトパッドを採用し、細部にわたるまでこだわり抜かれた設計により、上質ながらも落ち着いた空間を実現しています。

シートにはスエード調人工皮革「レガーヌ」を使用し、見た目にも触感にも豊かな印象を与えています。

このように、新型CX-3のインテリアは、快適性と機能性を高いレベルで融合させた、まさに運転する喜びを感じさせる空間となっています。

ボディサイズとその魅力

新型CX-3は全長4275mm、全幅1765mm、全高1550mmのコンパクトながらも実用的なボディサイズを誇ります。

これにより、狭い道路や駐車スペースでもスムーズに操作できる一方で、乗員の快適性を損なわない広々とした室内空間を提供します。

特に後席の足元や頭上の空間は、このクラスのSUVとしては十分な広さがあり、長距離の移動でも快適に過ごすことが可能です。

このバランスの良さが、日常の使い勝手からレジャーまで幅広いシーンでの活躍を約束します。

新型CX-3のボディサイズ
  • 全長 4275mm
  • 全幅 1,765mm
  • 全高 1,550mm

パワートレイン:効率とパフォーマンス

新型CX-3の心臓部には、最新の技術が惜しみなく投入されています。

特に注目すべきは、2.0リッター直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」とマイルドハイブリッドシステム「M HYBRID」を組み合わせた「e-SKYACTIV G」の搭載です。

このパワートレインは、最高出力115kW(156PS)/6,000rpm、最大トルク199Nm(20.3kgfm)/4,000rpmを発揮し、さらにマイルドハイブリッドシステムが最高出力5.1kW(6.9PS)/1,800rpm、最大トルク49Nm(5.0kgfm)/100rpmを追加提供します。

この組み合わせにより、静かでスムーズな加速と、都市部から高速道路まで幅広いシーンでの上質なドライビングフィールを実現しています。

さらに革新的なのは、ロータリーEVモデルの導入です。

マツダが開発した830ccの1ローター排気量ロータリーエンジンは、シリーズハイブリッド方式で発電専用として使用されます。

これは、電気モーターのみで駆動し、エンジンはバッテリーの充電にのみ活用する方式で、電気自動車の利点を活かしつつ、航続距離の不安を解消します。

日産の「e-POWER」技術と同様に、これによりエンジンを使用しても電気モーターによる駆動感を損なわず、また電気自動車特有の静粛性や即応性を保ちつつ、長距離ドライブの実用性を大きく向上させます。

CX-3
e-SKYACTIV-X
CX-3
Rotary-EV
エンジン2.0L 直4気筒エンジン水冷1ローター
エンジン最高出力140kW(190PS)/
6,000rpm
72ps(53kW)/
4,500rpm
エンジン最大トルク240Nm(24.4kgm)/
4,500rpm
112Nm/4,500rpm
モーター最高出力4.8kW(6.5PS)/
1,000rpm
170ps(125kW)
モーター最大トルク61Nm(6.2kgfm)/
100rpm
260Nm
駆動方式2WD/4WD2WD

プラットフォーム:新時代の基盤

新型CX-3は、マツダの最新技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」を採用し、これまでにない革新的なプラットフォームを基に製造されています。

このプラットフォームは、車体の全長4275mm、全幅1765mm、全高1550mmというコンパクトなボディサイズにも関わらず、剛性を40%向上させることに成功しました。

この高剛性化により、車両の挙動が安定し、乗り心地と操縦安定性が大幅に向上しています。

また、先進の工法と材料の選定によって車重を抑え、軽量化にも成功。

これにより、動力性能の向上と燃費効率の改善が実現され、市街地から高速道路まで、あらゆるシーンでの走行が快適になりました。

安全性能:走りと安全の新しい形

新型CX-3では、マツダの先進的な安全技術「i-ACTIVSENSE」が車両の安全性を大きく向上させています。

このシステムは、日常の運転から予期せぬ状況まで、ドライバーと乗員を保護するために設計されています。以下に、新型CX-3の主な安全機能を具体的な内容とともに紹介します。

「i-ACTIVSENSE」の特徴
  • 自動ブレーキシステム:
    • 車両前方の障害物をミリ波レーダーとカメラで検知。
    • 衝突の可能性が高まると自動でブレーキをかけ、事故を回避または被害を軽減。
  • アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS):
    • 夜間歩行者検知機能付きで、特に夜間の運転安全性を高める。
    • 必要に応じて自動でブレーキをかけることで歩行者の安全を確保。
  • フロント・クロス・トラフィック・アラート(FCTA)とリア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA):
    • 交差点や駐車場での車両の横断を検知し、衝突リスクをドライバーに警告。
    • 視界が遮られがちな場所でも安全に運転を続けることを支援。
  • ドライバーモニタリング(DM)システム:
    • ドライバーの顔を認識し、目の開閉や視線の動きを監視。
    • 疲労や不注意のサインを検知し、適切なタイミングで警告を発する。
  • ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)とアダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH):
    • 夜間運転の視認性を大幅に向上させる先進ライトシステム。
    • ドライバーの視界を明確にし、夜間の安全運転をサポート。

まとめ:新型CX-3が切り開く未来

新型CX-3は、進化したデザイン、優れたパフォーマンス、効率的な燃費性能、そして高い安全性能を兼ね備えたモデルとして、2024年の自動車市場に新たな風を吹き込みます。

これらの特長は、新型CX-3がコンパクトSUVセグメントにおいて、強力な競争力を持つことを示しています。

新型CX-3の登場により、これからの自動車ライフがより豊かで快適なものになることは間違いありません。新しい時代の到来を告げる新型CX-3に、大きな期待が寄せられています。

今回のまとめ
  • 新型CX-3はマツダの革新的「魂動デザイン」と先進技術を融合したコンパクトSUV
  • 「SKYACTIV-Vehicle Architecture」をベースに構築
  • 2.0L「SKYACTIV-G 2.0」直噴ガソリンエンジンにマイルドハイブリッドシステム「M HYBRID」搭載
  • 最高出力115kW(156PS)、最大トルク199Nmを実現
  • 「e-SKYACTIV R-EV」モデルはロータリーエンジンを用いた発電機採用
  • WLTP航続距離約640kmを可能にする17.8kWhリチウムイオンバッテリーと50L燃料タンク組み合わせ
  • 2024年12月に発売予定
  • ガソリンエンジンモデルの価格は約210万円からスタート
  • ホンダのヴェゼルやトヨタのヤリスクロスと競合
  • 独自のデザインとSKYACTIV技術による走行性能で差別化
  • 全長4275mm、全幅1765mm、全高1550mmのボディサイズ
  • 安全技術に最新のi-ACTIVSENSEを標準装備

※この記事は、消費者庁国民生活センター国土交通省等の情報も参考にして作成しています。

タイトルとURLをコピーしました